FreeBSD 8.0-RELEASE

このweb&mailサーバをFreeBSD 7.2から8.0に構築しなおしました。
FreeBSD 8.0の仮想化関連強化!ZFSデフォルト採用!ってEvaluation記事は沢山読んだけど
無難にUFSで・・。

Filesystem Type 1024-blocks Used Avail Capacity Mounted on
/dev/ad6s1a ufs 507630 165404 301616 35% /
devfs devfs 1 1 0 100% /dev
/dev/ad6s1e ufs 507630 33500 433520 7% /tmp
/dev/ad6s1f ufs 464966208 1415380 426353532 0% /usr
/dev/ad6s1d ufs 3019406 49294 2728560 2% /var

# atacontrol list
ATA channel 0:
Master: no device present
Slave: no device present
ATA channel 2:
Master: no device present
Slave: no device present
ATA channel 3:
Master: ad6 SATA revision 2.x
Slave: no device present

FreeBSD 7.2サーバも安定稼働してたんですけどね。
# uptime
12:43PM up 102 days,

私自身、ここ最近の”モチベーション低下&やっ気無し”はいかがなものかと・・・
そう言った意味で再構築は「カンフル剤」になったかなぁ。

Postfix、SMTP Auth構築でハマって半泣きでしたが、それもまた醍醐味な訳で
/usr/local/etc/postfix/main.cfファイルに下記追記で解決。メール送信できました。

久し振りに夢中になれた感じ。
充実感^^;