RaspberryPi4 ModelB

目標:ラズパイ(Raspberry Pi)で、敢てApachenginxでWebサーバ作ってみる。

技適マーク付きラズベリーパイ4Bと必要な電源ケーブル、SDカード等がセットになった

LABISTS Raspberry4 4B-64GB(技適マーク入)をAmazonでゲット。

※数量限定タイムセールで、¥4,070引きは嬉しい♪

※エキスパートセット等々、セット物、他にもいろいろあります。

以下、セット内容

・技適マーク付きラズベリーパイ4B(4GB RAM)
・冷却ファン
・ヒートシンクを3ケ
・64GB(Class10)のmicroSDカード
・カードリーダー
・5.1V3.0AのUSB Type-C電源アダプター
・スイッチ付き電源ケーブル
・MicroHDMI-to-HDMIケーブル
・ラズパイ専用ケース

ラズパイボードのパッケージ裏面に技適マークあり。

技術適合証明
技適については、こちら「総務省 技術適合証明等の表示」

組み立ては、ヒートシンク貼り付けて、ケースにネジで固定すればOK!
冷却ファンもネジ留めします。

冷却ファン

「日本語取扱説明書」付きですので安心です。
プラスドライバーも同梱されてます。至れり尽くせり。

冷却ファンは、「高冷却モード」で赤→2ピン(5V)、黒→6ピン(GROUND)に装着しました。

The Raspberry Pi Foundation「DOCUMENTATION GPIO」参照

GPIO

完成!

RaspberryPi4 ModelB

カードスロットに、microSDカードを挿入します。

microSD
microSDカードには、インストーラー型「NOOBS」プリインストールされているので、そのまま起動すればOK!

HDMIケーブルをモニターに、そして、USBキーボード、USBマウスを繋いで電源ON。

GUIで、言語設定、無線LAN設定を済ませて、モニター、キーボード、マウスを外す。

WindowsクライアントPCから「TeraTerm」でSSHでリモート接続してみる。

SSH

rootのパスワードを変更して・・・

無線LANの固定IPアドレスを割り当てて再起動!
◎無線LANの設定方法は、また改めて(^^)/

Stay Home
明るい未来を信じましょう。